今だけ!無料で20,000円もらえるキャンペーン中!

【画像付き】OpenSeaからレジャーナノにNFTを送る方法を解説

 本ページにはプロモーションが含まれます

レジャーナノの初期設定が終わったから、NFTをレジャーナノに送信したい


そんな方に向けて、具体的なレジャーナノの操作方法をご説明します。


■本記事の内容
  • レジャーナノとメタマスクを接続する方法
  • レジャーナノでNFTを送受信する方法


今回はOpenSeaからレジャーナノにNFTを送受信する方法について解説していきます。


本記事でレジャーナノの正しい使い方を学んで、NFTを大切に保管していきましょう。


まだレジャーナノを買っていない方は、以下の記事で正しいレジャーナノの購入方法について解説しています。

レジャーナノの正しい購入方法と選び方 NFTを安全に保管できるLedger Nano(レジャーナノ)の選び方・買い方を解説【ハードウェアウォレット】

初期設定のやり方については以下の記事をご参考に

レジャーナノ(Ledger Nano)で初期設定のやり方 Ledger Nano(レジャーナノ)の初期設定方法をわかりやすく解説

レジャーナノとメタマスクを接続する方法


NFTをレジャーナノに送受信するためにはレジャーナノとメタマスクの接続する必要があります。

ダダダ
ダダダ

接続は3分で完了するよ!


まずレジャーナノをPCに接続します。

そしてPC画面でメタマスクを起動して、画面右上の「アカウント」ボタンから「ハードウェアウォレットの接続」をクリックします。

Ledger」を選択して「続行」をクリックして、デバイスへの接続を許可します。


ご自身のアカウントであることを確認して「ロック解除」をタップします。


これにてメタマスクにアカウントを追加できました!

OpenSeaからレジャーナノにNFTを送る方法


続いてOpenSeaからレジャーナノにNFTを送る方法について解説していきます。


手順は以下の通りです。

  1. レジャーナノのアドレスを確認
  2. OpenSeaからNFTを送信


それでは解説していきます。

手順①:レジャーナノのアドレスの確認


「Ledger Live」を開き、「アカウント」→「Ethereum1」をクリックします。

ダダダ
ダダダ

ポリゴンチェーンの場合はポリゴンのアカウントを追加してね!


まだアカウントを追加していない方は こちら を参考に、アカウントを作成してください。


続行」をクリックします。


赤枠の「メモ」をクリックしてアドレスをコピーします。


本体で「approve」の表示が出たら同時にボタンを押して決定します。


アドレスの共有は以上で完了です。

手順②:OpenSeaからレジャーナノにNFTを送信


いよいよOpenSeaからNFTを送っていきます。

まずはOpenSeaで送りたいNFTを選択して、「▶(転送)」をクリックします。


さきほどコピーをしたアドレスを貼り付け、「転送」ボタンをクリック

アドレスを間違えると正しく転送されませんので、必ずコピペしましょう。


ガス代を確認して、「確認」をクリック


これにて転送は完了です!


無事転送できると、レジャーナノのアカウントにNFTが表示されます。

ダダダ
ダダダ

1分ほどでレジャーナノで転送したNFTの確認ができました。


ダダダ
ダダダ

無事届くのか、ひやひやしながら待ってました…

レジャーナノからOpenSeaにNFTを送信する


次はレジャーナノからOpenSeaにNFTを送信する方法について解説していきます。

手順は以下の通り

  • レジャーナノにイーサリアムを送金
  • レジャーナノからOpenSeaにNFTを送信


それぞれみていきます。

手順①:レジャーナノにイーサリアムを送金


まずはレジャーナノにイーサリアムを送金します。

OpenSeaにNFTを送る際にガス代がかかるため、イーサリアムを送金する必要があります。

すでにレジャーナノにイーサリアムを送金している方は こちら から飛んで作業を進めてください。

まずはメタマスクを起動して、レジャーナノのアカウントに切り替えます。

そしてアドレスをコピーします。


次に右上のアカウントをクリックして、ご自身のアカウントに切り替えます。


送金」をクリックします。


自分のアカウント間での振替」をクリックします。


送金先で「レジャーナノ」のアカウントを選択します。


送金金額を入力して、「次へ」をクリックします。


ガス代を確認して、「確認」をクリックします。

以上で、レジャーナノへの入金は完了です。

手順②:レジャーナノからOpenSeaにNFTを送信


それではレジャーナノからOpenSeaにNFTを送信していきます。

アカウント」から「ギャラリーを見る」をクリックします。


送信するNFTをクリックして、「送信」をクリックします。


送付先のアドレスを入力します。


ガス代を選択して「続行」をクリックします。


概要を確認して、「続行」をクリックします。


レジャーナノ本体のロックを解除します。


最後に本体で承認を行えば、操作は終了です。


以上で作業は完了です!

ガス代を選択したときの時間がたてば、無事NFTがOpenSeaに届いているはずです!

ダダダ
ダダダ

ぼくは30秒ほどで届きました!

まとめ 


今回はOpenSeaからNFTをレジャーナノに送金する方法について解説しました。

初期設定設定と比べたら、操作はカンタンでしたよね。

大事にしていきたいNFTはぜひレジャーナノに保管するのがおすすめ

詐欺にあう可能性を下げるためにも、レジャーナノを上手に活用してガチホを楽しみましょう

まだレジャーナノを買っていない方は、以下の記事を読んでみてください。

レジャーナノの正しい購入方法と選び方 NFTを安全に保管できるLedger Nano(レジャーナノ)の選び方・買い方を解説【ハードウェアウォレット】

初期設定のやり方については以下の記事をご参考に

レジャーナノ(Ledger Nano)で初期設定のやり方 Ledger Nano(レジャーナノ)の初期設定方法をわかりやすく解説


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA